慶事、法事のお返し品、贈り物承り中です。

手延べそうめん、手延べうどんの製法

1工程30時間余りに及ぶ 伝統の手延べ製法、そうめんうどんの工程(作り方)を紹介しています。

手延べ麺の製造工程

手のべそうめん製法 (作り方)
@ 午前四時 「こね」

そうめん原料の、小麦粉と食塩水を練りあわせて 20〜30分でこねあげる。

メニュートップ

A 午前五時 「足ぶみ作業」

こね上げた そうめんの生地を、足でしっかりふんで弾力をだす。

メニュートップ

B 午前六時 「いたぎ」

円形にのばした そうめんの生地を、包丁で渦巻き状に切り目を入れ、
いたぎ機にかけて一本の太い「ひも状」にする。
それをサイトウ(桐桶)に渦巻き状に入れて、3〜4時間熟成させる。

いたぎ

メニュートップ

C 午前九時 「ほそめ」

サイトウで熟成させたのち、ほそめ機にかけて、さらに親指くらいの
太さまでのばし、さらに熟成させる。

メニュートップ

D 正午 「こなし」

こなし機にかけて、さらに小指大の太さにのばし、再び熟成させる。

メニュートップ

E 午後三時 「かけば」

かけば機にかける。竹くだに8の字にかけて「むろ」に入れて熟成させる。

かけば

メニュートップ

F 翌朝午前二〜三時時 「こびき」

竹くだにかけた そうめんを50センチくらいにのばし、再び「むろ」に入れて熟成させる。

こびき

メニュートップ

G 午前八時 「かどぼし」

「こびき」作業で50センチくらいにのばした そうめんの竹くだを「はた」にかけ、
箸でさばきながら約2メートルくらいになるまで序々に引き延ばす。

かどぼし

メニュートップ

H 午前11時 「乾燥」

「はた」にかけ、そうめんの水分が、約14%くらいになるまで乾燥させる。

乾燥

メニュートップ

I 午後三時 「こわり」

乾燥したそうめんを、こわり台の上で約18センチくらいの長さに切りそろえる。

メニュートップ

J 午後四時 「束仕上」

切りそろえた そうめんを 50gづつ束にする。
古品の場合は、これより約一年間以上保管して、さらに味をととのえる

メニュートップ

K 翌日 「包装」

各種そうめんの包装に仕上げる。

メニュートップ

L  ↓  「箱詰め」

各種そうめんの箱に詰める。

メニュートップ

M  ↓  「出荷」

ご注文いただいたお客様に、トラック便、宅配便、船便で出荷する。

メニュートップ

うまいでぇ本舗は、明治8年3月(1875年)創業以来、手延べ製麺類、製造販売ひとすじの
菱中麺業株式会社のオンラインショップです。