夏期割引セール開催中! 手延べ製うどん、そうめん、ひやむぎ、そばが最大25%OFF!!

そうめんのゆで方のコツ!

麺あらかると
鴨方産でコシの強い菱中の手延べそうめん!

うどん、素麺の上手な茹で方!!!

そうめん料理を美味しくするために大切なのは、なんといっても茹で方です。

お好みに合った味にするため、うどんレシピ・そうめんレシピのヒントになる“ゆで方のコツ”を紹介しています。

うどん・そうめんレシピのヒント!
  1. そうめんの、ゆで上がりを均等にするため、タップリのお湯で茹でる!
  2. 表示された茹で時間前に、そうめんを1〜2本水洗いして試食する!
  3. そうめんを、ナベから取り出し、水洗いするまでが茹で時間!
ゆで方のコツ@−たっぷりのお湯で茹でる!
そうめんを茹でるときは!
そうめんを茹でるときは、たっぷりのお湯で茹でる。
目安として、めん200gに対して、お湯2.5リットルが、理想的な割合。
ゆでている間に、そうめんがナベの中で 泳ぐくらいのお湯の量。
ゆで方のコツA−お湯に入れるときはパラパラとさばき入れる!
お湯に入れるときは!
お湯に入れるときは、そうめんをパラパラとさばき入れ、軽くかき混ぜる。
たばで入れると、均等に火が通りにくいため。
ゆで方のコツB−火かげんは強火が良い!
火かげんは!
火かげんは、できるだけ強火で差し水をしない。
沸騰したら火をちょっと弱める。
差し水をしないと、ゆで時間の短縮につながる。
ゆで方のコツC−ゆで時間の途中で試食する!
途中で! ★ここが “ゆで方” のポイント!
途中で 少量試食して 茹でかげんをみる。
(コップに水を入れ、そうめんを水洗いする)
記載してある、ゆで時間の少し前に試食する。
ゆで方のコツD−途中で頃合いをみる!
頃合いをみて!
記載されている 茹で時間を参考にしながら、途中、お箸で数本すくい上げ、様子をみながら時間調整する。
★素麺がほぼ透明になり、お箸が透けて見えればOK!
ゆで方のコツE−茹で上がったら素早く取り出す!
茹で上がったら!
茹で上がったそうめんは、素早く熱湯からとりだし冷水で水洗いする。
ゆで方のコツF−素麺を冷水で2〜3回水洗いする!
2〜3回水洗い!
茹で上がったそうめんは、2〜3回冷水で水洗いする。
水洗いするまでが茹で時間のつもりで。
ゆで方のコツG−最後に素麺を盛りつける!
最後に盛りつけ!
最後に、それぞれのレシピに応じて、温めたり、冷やしたりして盛りつけて完成
夏は冷たいザル 冬はあったか煮麺や煮込み
それとも沖縄料理の そうめんチャンプル

食べきれなかった手延べそうめんの保存方法とは?